介護誌の資格を取ったのなら求人情報誌を見てみよう

日本人の現地採用に需要

東アジア諸国の中でも工業やIT分野などで経済発展の著しいベトナムには、日系企業も多く進出しています。ベトナムでは現地駐在員ばかりでなく日本人の現地採用にも需要が多く、有利な条件での転職も十分に可能です。同じ職種でもベトナムの日系企業に転職した方がキャリアアップにつながり、昇進や昇給の点でも有利です。

男性

英語力の他に必要なスキル

貿易事務に従事する場合、取得しておきたい資格として貿易実務検定、TOEIC650点以上があります。管理職を目指す方やフォワーダーへの転職を念頭に置いている場合には貿易事務で経験を積みながら通関士を取得して置くと良いです。

資格を取得する

介護

経験を積む

人手不足だと言われている職種なら、当然、求人も入りやすくなります。その一つに、介護関係の求人が挙げられます。特に介護士の資格を取得していなくても、アルバイトとしての募集もあるので、まずは求人を探してみましょう。また、採用されやすいのは、何と言っても介護士の資格を持っている人です。資格を取得している人の需要が高まっているからです。何としても正社員として雇用されたいというのなら、先に介護士の資格を取得してしまいましょう。その方が、手っ取り早く求人に応募できます。しかし、人によってはなかなか資格が取れないということもあります。そんな時には、とりあえず、アルバイトから始めてみることをお勧めします。もちろん、介護士の資格を持っていないのでメインの仕事はできません。あくまでもサポート的な立場となります。それでも介護職の現場を実体験できるので、いろいろと経験を積むことは可能です。履歴書にも介護関係のアルバイトをたくさんしていきていることを記載できます。それが実績となって採用されやすくなることもあるのです。まずは、どんな求人があるのか探してみましょう。正社員募集もあれば、パートやアルバイトの募集も見つかります。主婦の場合、家庭との両立を考えるとパート勤務の方が有効的です。最近は数時間だけの訪問介護も人気なので、シフト制勤務ならこのような働き方も選択できます。ただし、いろいろな家を訪問するので、車を持っており免許を持っている人が採用されやすくなります。